飲む日焼け止めを通販で

飲む日焼け止めをネットの通販で買ってみました。

飲む日焼け止め

 

飲む日焼け止めをネット通販で買った理由は、

 

私は日焼け止めクリームを塗らずに外に出ると、すぐに赤くなってしまい、やけどしたような状態になってしまいます。

 

なんとか日焼けしないように、市販の日焼け止めクリームや、UVカット成分が配合されている化粧下地などを使っていました。

 

それでも、日焼けはしてしまうし、耳の後ろとか、首の後ろの方とか、足の甲とか日焼け止めクリームを塗りにくいところは日焼けしていまいます

 

そんな時に、インターネット上で、飲む日焼け止めへリオケアの存在を初めて知り、とても興味がわきました。

 

 

実際、飲む日焼け止めを買ってみると、カプセルタイプで、大変飲みやすかったです。

 

塗る日焼け止めと併用して使うのですが、ただ市販の日焼け止めクリームを塗るだけでは感じられないほどの効果を感じました。

 

体の内側からと、外側から、紫外線をカットしてくれているようです。

 

飲む日焼け止めには副作用もないので、安心して飲むことが出来ます。

 

飲む日焼け止めはシダ植物の主成分を使っていて、化学薬品を使用していないところも、安心して飲むことが出来ます。

 

体の内側から、メラニンの生成を防いだり、DNAの損傷を防いでくれ、しみやしわを作らない効果があるそうです。

 

飲む日焼け止めのへリオケアの主成分が、活性酸素の抑制をしてくれて、しみを予防してくれます。

 

おかげで、飲み始める前と比べると、肌の調子は段違いによくなりました。

 

今は、しみやしわが増えることなく、綺麗な肌を維持できています。

 

正直、値段は高く感じますが、その分の日焼け止めの効果を感じられるので、これからも使っていきたいと思います。

 

使って良かったと思います。

 

この飲む日焼け止めは美容外科でも購入できますが、ネットの通販サイトで買ったら安く買うことができるので、

 

もし、一度試してみたいと思っている方には、ネットの通販サイトから買うことをおすすめします。

 

>>飲む日焼け止め(ヘリオケア)をこちらから買いました。

 




 

飲む日焼け止めのまとめ

1、どんな人、どんな時におすすめか
2、なぜ飲むだけで日焼け止めの効果があるのか
3、飲む日焼け止めにはどんな種類があるか
4、どれがいい
   ランキング
   日本製VS海外製
5、飲む日焼け止めはどこで買える
  1)皮膚科
  2)オオサカ堂
  2)アマゾン
  3)楽天
  4)その他通販
6、飲み方は
7、副作用
8、まとめ

 

 

 

どんな人、どんな時におすすめか

 ゴルフの時にビーチリゾートの沖縄旅行に、
 ハワイ旅行に、バリ島旅行に、グアム旅行に
 マリンスポーツをする方に
 子供のサッカーの応援に
 紫外線アレルギーの方に
 日光アレルギーの方
 夏フェス対策に
 ちょっとした外出に
 農家の方に
 どうしても日焼け止めクリームは塗り忘れがあると悩んでいる方に
 急いでいて、日焼け止めクリームを塗ることができない時にこれがあると安心
 食べ物の仕事をしていて、手に日焼け止めクリームを塗れない人に
 ハイドロキノンを使っている人に

 

飲む日焼け止めの効果

 オオサカ堂の口コミをまとめてみました。

 

 使用しないよりは日焼けが少ない。
 塗る日焼け止めと併用すれば焼けない。
 塗る日焼け止めが濡れない場所にも効果がある。
 1日中外にいても真っ黒にならない。
 日焼けしても赤くなりにくくなった。
 日焼けをしても、シミができにくくなった。
 日焼けしても、戻りが早くなった。
 シミが減る。
 ファンデーションの量が減る
 ファンデーションなしで外出できる。
 人から色が白いねと言われる。

 

 ※全然焼けないわけではない。(少しは日焼けする)
 効果はハッキリとは分からない

 

 

 

飲む日焼け止めの売っている場所

美容外科は割高
オオサカ堂は他のショップよりだいたい半額で買える。(それでも高い、もっと安い方がいいという声も、、、)
オオサカ堂で16.667円以上の商品を買うと関税と国内消費税がかかることがあります。

 

飲む日焼け止めの飲み方

 春先から1日1錠(朝一番に)
 毎年5月ぐらいから飲み始める
 紫外線が強い日は2〜3時間おきに服用
 出かける前の30分前に飲む。外出中は4時間毎に飲む
 ゴルフをするなら、朝1錠、お昼に1錠飲む。(1日2錠は必要)
 6月から9月の間に飲んでいます。

 

その他

 ヘリオケアはカプセルが大きくて飲みにくい

 

 

>>飲む日焼け止め(ヘリオケア)をこちらから買いました。

 




 

 

 

飲む日焼け止め以外の日焼け対策

日焼け止めクリーム、帽子、日傘、日陰を歩くが基本のようです。

 

・帽子をかぶる
・日焼け防止クリームを塗る
・なるべく日陰を歩く

 

 

通勤時の日焼け対策は日傘、日焼け止め、ファンデーションの3点です。
まずは日傘。
使っているのは折り畳みのものです。
軽量タイプなので持ち運びが楽で、日差しが気になるときにすぐに使えます。
晴雨兼用なので突然の雨でも安心。
顔、髪、首は日傘でカバーしています。
次に日焼け止め。
肌があまり強くないので、SPF30の日焼け止めを使っています。
仕事は内勤で、ランチの時外に出ないので、基本的に朝に一度塗るだけ。
手、足、首筋に塗っています。
最後にファンデーション。
日差しの気になる5月から紫外線対策の出来るファンデーションを使っています。
こちらもSPF30程度で、メイク落としで落ちるので手軽に使用できます。
以上の3点で対策していますが、今年は手袋や帽子にもトライしてみたいと思っています。

 

 

 

日焼け止め効果のあるハンドクリームを毎日手に塗って外出しています。
そして髪の毛にも軽く塗っています。
その上で日傘をして極力髪の毛も日焼けしないように気を付けています。
あとは曇りの日でも日傘をさして紫外線に当たらないようにしています。

 

 

 

少しの外出で日焼け止めクリームを塗るのが面倒な時は、スプレータイプの日焼け止めを使います。
髪の毛にも使えるので便利です。

 

 

日常生活では、布団を干すだけなどでも、必ず帽子は被るようにしています。
一瞬の時間と思っても、そのささいな時間を気をつけています。
買い物に出る時は、子供を抱っこしていても必ず日傘をさすようにしています。

 

 

 

曇りでも油断せずに、必ずSPF20以上のBBクリームをつけます。

 

 

毎年、日焼けしないように日焼け止めクリームを塗っていても、忘れがちなのが足の甲。
ミュールやサンダルで出歩く時期なので、しっかり甲からかかと、指先まで塗るようにしています。
夏以外は、靴下やブーツに覆われて、足先はあまり紫外線にさらされません。
そのような状態で急に真夏の紫外線にさらされると、ダメージも大きいわけです。
すぐにシミになりやすいので気をつけましょう。

 

 

私は肌が白く周りからは色が白くていいねと言われますが、色が白いからこそ紫外線に人一倍弱く、太陽に当たると肌がやけどのようにすぐに真っ赤になったり、シミができやすかったりと、とても肌が弱いので、紫外線対策はしっかりとしています。
顔は化粧下地をする前には必ず顔用の日焼け止めをしてから化粧をします。
顔は一年中しています。
服から出ている腕や足、そして首筋なども、日焼け止めを塗ります。顔以外は2〜3時間おきに塗りなおしています。
そして、外出するときはできるだけツバの広い帽子を被り、腕にも日よけカバーをします。
このように、できるだけ直接紫外線が肌に当たらないように対策してます。
ビタン剤のサプリも飲んいます。

 

 

日傘、サングラス、帽子を状況・ファッションに合わせて選んで使用しています。

 

 

日焼け止めを忘れないように塗ります。
特に首の後ろや耳は忘れがちなので気を付けます。
帽子をかぶる 長袖を着る 日焼け止めを塗る ファンデーション・下地をUVにする アームカバーをする 日傘をさす ぐらいです。 

 

 

 

日焼け止めを塗り日傘をさす。

 

 

朝起きて洗顔後すぐにスキンケアをし、日焼け止めを塗ります。
外出する時は必ず日傘をさして出かけます。日焼け止めは1日何度か塗り足します。

 

 

 

服は長袖、長ズボン

 

日焼け止めなどを塗るのは嫌いなので、夏でも長袖を着ています。
できるだけ暑くない様に薄手のもの、色は白っぽいものを選んでいます。

 

 

まず日焼け止めを塗ることです。
それと暑いですが腕を出して歩かないことです。
私はユニクロのUVカットパーカーをTシャツの上に着ています。

 

 

出掛ける時は常に長袖を羽織っています。

 

 

肌断食中なのでケミカルな日焼け止めなどの使用はせず、とにかく物理的に紫外線カットを心掛けています。
日傘とUV効果のある長袖のトップス必須です。
行く場所や時間帯によっては日傘の下に帽子もプラスされます。
アスファルトからの反射などもあり、完全に日焼けを避けることはできませんが、想像していたよりは焼けないものなんだなと実感しています。

 

 

私は外出する際には日焼け止めクリームを塗り、UVカット機能のある長袖シャツを着ています。

 

 

 

 

暑くても我慢して長袖長ズボンの格好をします。
防止は大きめのサンバイザーを愛用しています。
スポーツの時のみ安物の日焼け止めクリームを使用します。
顔、首、腕、脚に丹念に塗り込みます。
(30代男)

 

部屋にいてる時の日焼け対策は、基本は日焼け止めを塗ること。
朝顔を洗ったらすぐにつけます。
そして、お昼もう一度塗ります。
そして夜落とします。
それ以外には、仕事部屋に紫外線カットシートを貼る。
これで気持ちがだいぶ違います。
それとカーテンもUV対応にします。

 

 

道を歩くときに、左右どちらか日陰になっている方を歩く。

 

 

日傘・アームウォーマー・日焼け止めクリームなどです。さらにUV加工されていれば、なお良いです。

 

 

起床と同時に着替えたら、日焼け止めクリームを塗ります。顏は勿論、首、腕も。
出掛けるのは、日が高くない午前中か夕方を選びます。
出掛ける時は、日傘は必須。必ずUV加工の長袖を一枚は折ります。

 

 

 

ビタミンCも効果的

 

1、日焼け止めを欠かさず塗る(家の中にいる時も)
2、ビタミンCをよく摂る。
3、美白美容液を毎朝、毎晩つける。(1年中)

 

 

 

・外出する際は必ず日焼け止めを塗る(スプレーをかける)
・帽子を被る、日傘をさす
・夜にビタミンCをとる

 

 

 

1、必ず日焼け止めを塗る
2、ビタミンCが入っている化粧水を使用する
3、長袖を着る
4、スクラブ・ピーリング・保湿を定期的に行う
5、サングラスをかける

 

 

 

 

私の日焼け対策について。
1.短い時間外出する際でも、顔に日焼け止めを塗ってから外出する。
2.日焼け止めは紫外線散乱剤使用の日焼け止めを使用している。
3.日傘やサングラスを用いて、より紫外線対策を高める
4.日常的にビタミンCを摂取している

 

 

ビタミンc

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニンジンジュースが日焼けに効く?

 

日焼け止めを塗るほか、ニンジンジュースを飲みます。
人参は肌を内側からキレイに保つ効果があるので、
長時間日焼け止めの塗り直しが出来なかったときや、
日焼け止めを塗ることができない目のダメージを修復するために、進んでニンジンジュースを飲むようにしています。

 

 

 

トマトのリコピンが日焼けに効果的?

 

日傘などはもちろんですが、身体の中からの対策として、日差しの強い時期にはトマトを多く食べるように心がけています。
トマトに含まれているリコピンが美白効果もあり日焼け対策としても有効のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は肌が弱く日焼けしたくないので、できることは午前中に済ませることはすませるようにしてます。
後気持ちなのですが長い時間外には出ないようにしています。